2018年01月18日

激指11の不完全問題

次の一手バトルで正解手より単純で明解な勝ち手順があった。
正解手とされる手を上回る応手があって解けない問題があった。
局面不正。おそらく局面保存の時に間違えたと思われるものがあった。
次の一手問題は雑誌に掲載の物でも不完全問題は意外と多い。
実践詰将棋は1000題ともすべて特に問題はなかった。
posted by noraneko9999 at 13:28 | Comment(2) | 日記、持論など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
僕も最近激指11で次の一手バトルを解いています。

当方も、次の一手バトルを解いていますが、不完全問題、それだけではないですよね?
(できれば、別解がある問題について教えていただきたいですが。)

級位者問題48がそれで、正答は64角となっていますが、86金同角75金とされて先手不利です。

また、有段者問題99が後手番になっていてしかもいきなり詰まされる出オチというクソ仕様になっていますw

仮に先手番だとしても、おそらく持ち駒の飛車が52にいないと本来の出題にならないみたいです。

実践詰将棋道場のほうはなんともなかった、とありますが939問目は大丈夫でしたか?
僕の激指ではいきなり詰んでいるんですが、、、
Posted by SwallowDragon at 2018年01月26日 10:22
有段99は作為と思われる図に編集しなおしましたが、どうも作成まちがいですね。

級位者問題48は先手勝てないです。

検討モードでやってみると不完全問題かどうかはすぐ分かります。
また、正解手や最善手を続けても厳密にはハッキリ勝ちとは言えず難解な局面である問題もいくつかありました。
Posted by 管理人 at 2018年02月03日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: