2015年10月09日

角交換四間飛車。8五歩型。8五歩6四歩6

表題:角交換四間飛車。8五歩型。8五歩6四歩

▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △8四歩 ▲4八玉 △8五歩
▲3八玉 △6二銀 ▲2八玉 △4二玉 ▲2二角成 △同 銀
▲8八銀 △3二玉 ▲7七銀 △1四歩 ▲1六歩 △3三銀
▲3八銀
*美濃囲いが基本。
△6四歩
*金上がりは保留しておくのが正解。
▲8八飛 △6三銀 ▲9六歩
*何気ないようだが狙いがある。
△5二金右
*端を受けるのは危険なので形を決める。
▲8六歩 △同 歩 ▲同 銀 △7四銀 ▲7八金
*今度はこの手で8筋補強ができる。
△8五歩 ▲7七銀 △2二玉 ▲9七桂
*端歩の効果。継続の攻めが出来る。
△3二金 ▲7五歩 △6三銀 ▲8五飛 △同 飛 ▲同 桂
*先手有利。
*先手陣は飛車の打ち込み場所が少ない。
posted by noraneko9999 at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 定跡と実戦。四間飛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜ずいぶん前の記事ですが、気になったので。 ▲8六歩 △同 歩 ▲同 銀 △7四銀で、△5四角と打たれた場合、先手は、どう指すのでしょうか。
Posted by ケムマキ君 at 2016年10月12日 22:48
△5四角にも有力手段ですが普通に▲7八金と8筋補強で十分だと思います。
後手は、ここで△5五角として▲7七角△同角▲同桂というのはよくある進行です。
Posted by 管理人 at 2016年10月13日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック